消費者金融は利用したくない

自家用車の車検や突然の不調、税金の支払いなどでお金に困ることはありましたが、消費者金融を利用しようと思ったことはありません。
最近の消費者金融は初めての人でも使いやすいような雰囲気はありますが、やはり借金というのは気軽にするものではないと思うので、どうしてもどうにもならない場合を除いては利用しないということに決めています。

利用しないと決めた理由は、私の父です。
父はパチンコが大好きで、おこづかいの範囲でやる分にはかまわないのですが、お金がなくなると消費者金融を利用するという癖がありました。
しかし、借りたお金もパチンコにつぎ込み、負けてしまうのでまた違う消費者金融へ。
これを繰り返した結果、消費者金融で借りたお金を違う消費者金融で借りたお金で返す、という自転車操業状態になり、いつの間にか借金は何百万へと膨れ上がってしまいました。
借金を返すために、マイホームのローンを支払うためのお金を使ってしまったこともあるそうです。
その何百万を母や親戚が返してはまた同じことを繰り返し、結局これが原因で家族間に溝ができ両親は離婚。
思春期の私にとっては深く傷ついた出来事でした。

もちろん消費者金融を利用している方のなかにも、一時的に借りただけでしっかり返済する方もいるでしょうし、みんながみんな父のようなことになっているとは思いません。
ただ父のように借りるのが癖になってしまうのでは、と考えてしまい、消費者金融だけは手を出したくないなと思ってしまいます。
簡単に借りられる、というのは便利だけど怖いものだとも思います。

生活の中でお金に困った時は、銀行のカードローンを利用することにしています。
カードローンを利用していない時は、親戚を頼ることもありました。
カードローンも借金といえば借金ですが、銀行ということもあってか消費者金融よりも抵抗がないというのが理由です。
親戚にはなるべく迷惑はかけたくないのであまりお金に困っているということは言いませんが、やむを得ない時は頼るしかないのかなとも思います。
でもなるべくは、いざという時も困らないようにしておきたいです。